キットプランニングのできること

特別ご開帳 蔵王権現様(金峯山寺)

32587恒例の奈良県吉野 金峯山寺で開催される蔵王権現様の特別ご開帳に行ってまいりました。
金峯山寺は日本における修験道の根本道場であります。本尊は蔵王権現様、開基(創立者)は役小角様です。
この特別ご開帳は、一般参拝と違い、吉野のお宿に宿泊した参拝者が参加できます。何が特別なのか。
それは、夜の8時から儀式が開催され、さらにお堂の扉をしめ切って開催されます。そうなのです。密室で行われる勤行なのです。
だから全国から信者の方や観光の方々が大勢ご参拝に来られます。 
今回も相当な人数が参加されていました。

039 034 024 040
開始30分前に金峯山寺前に集合し、金峯山寺の修験道僧の先導に従ってお堂に入ります。
私が参拝する日は、なぜかいつも満月に近く、宿から金峯山寺に向かう通りが月明りでとても幻想的です。 
参道のお店には提灯が飾られていて、金峯山寺に近ずくといよいよだぞ。という わくわく感でいっぱいです。

予定時間になると、修験道の行者の方が2名ほら貝を吹きながら先頭に立ち、我々はお堂の階段を上っていきます。
みな神妙にそろそろと修験道の行者方々に従ってお堂に入っていきます。
お堂の中は、ろうそくの明かりしかありません。静寂と畏怖の空気が「凛」とお堂の中に充満しています。

修験者の方の簡単な儀式次第の説明の後 儀式がはじまります。 お堂内はしーんと静まり返り静寂した空気が参拝者をやさしく包みます。
大きなかねが叩かれ お堂の中はその振動でいっぱいになります。鐘の高音のあと甲高いビーンビーンという振動が続き 皆緊張します。
修験道の僧たち8名ほどが一斉にほら貝を吹き始めます。

最初は、のぶとい音低い音色 その後 甲高い音色に変わり お堂の中が ほら貝の音で充満します。
その後、大太鼓が叩かれ、力強い低い音が鳴り響きます。 身体の中に その振動がシンクロされ 丹田の辺りが熱くなってきます。
いよいよ蔵王権現様のご降臨となります。

修験者の僧たちは、各々手に印を結び 指を鳴らします。 色々な「印」を結んでいます。何とも言えない重圧を感じてきます。
修験者の高僧の方の導きで、参拝者が全員次の言葉を合掌します。
「一心頂礼十方法界常住三方」「一心頂礼十方法界常住三方」「一心頂礼十方法界常住三方」と3度唱えます。

その時、お堂の奥にある蔵王権現様にライトが当たり ご本尊が浮かび上がります。
高さは7Mもありものすごい迫力です。 私は初めてこれを経験した時 腰を抜かしたような状態になりました。
今回は、3回目なので冷静に次第を見ることができました。しかし畏怖の気持ちは変わらず 自然と目頭が熱くなります。

本尊三礼、開祖三礼、懺悔文が唱えられます。時折真言が唱えられ何とも言えぬ大きな空気がお堂を埋め尽くします。
気が付くと なんか権現様にすべて見透かされているようで こころは畏怖の感情でいっぱいになります。

その後、修験者の僧たちの読経が流れていきます。
中央の高僧の方の祈願表白があり、国の安寧から東北の復興、参拝者のご加護などが延べられます。
途中、般若心経の合唱がはじまると大太鼓の野太く力強い音の中、参拝者は、かわるがわるご焼香していきます。

妙法蓮華経の神力品が2つ読経され、ご本尊の真言などが唱えられ全員三礼の後、終了となります。
高僧の方の方の講和があり、それが終わるとご本尊のまわりにある回廊をめぐります。権現様、菩薩様、仏様に御礼をして終了となります。

その後、普段入れない一段上の権現様のそばで手を合わせることができます。ものすごい迫力です。
何とも幻想的な体験と言えます。

金峯山寺は、大阪に住んでいるので2時間とかかりません。全国から参拝に来る皆様に申し訳ないくらいです。
021
いつもお世話になるお宿でも、豪華ではないのですが、心を込めた料理の一品一品がとてもおいしく なんか実家に帰ったようで ありがたく料理をいただいています。 その晩はほんとうにぐっすり眠ることができます。

吉野は、日本でも有数な桜の名所で、かの豊臣秀吉の豪華絢爛な花見で有名な場所です。
皆様も 桜の花見以外にも できればぜひこの夜半拝観をご体験ください。 本当にお勧めです。 
南無蔵王大権現 合掌 ちょうど PVがあります。 どうぞご覧下さい。 PVをクリックしてください。

This entry was posted in Blog. Bookmark the permalink.

空海を祀る奥の院御影堂(みえどう)

室生寺の五重塔をすぎて、お山の頂上にある奥の院御影堂(みえどう)は密教の巨頭空海が祀られています。
とにかくすごい山を上がっていきます。
もう気分は、修験道の行者になった気分です。
この日は天気が悪いせいか、ほかに誰もいません。
029 043 046 033
奥の院まで400段あると言われていますが、室生寺の正面からは、なんと合計700段です。
普段運動不足のおやじは、途中4回ほど休憩しました。 
もうやめようかなと思いましたら・・・
周りは凛として なんか神様に見られているようで 「頑張れもう少しだ。」とささやいておられるような錯覚に陥ります。ヨシもう一丁と重い足を上げ階段を上がっていきます。
047 048  049
見えてきました。伽藍の足場が・・・
えええ なんて巨大な足場なんだろう。 
頂上は、ちょっとした平地になっていて大きな伽藍とお堂がありました。
いったい この石段もここ足場や建物の材料を昔の人たちは、どうやって運んだのだろう。
気が遠くなるような多くの人がたくさんの時間をかけて運んできたのでしょう。
思わず手を合わせてしまいました。
050 060 051 055 052 053 054 063
この上には、事務所もあり、ご担当の方に色々とここの由来を教えていただきました。
「よく上がってくれました。いいお詣りを」と言っていただいたのが本当にうれしかったです。

また、なんとラッキーなことに今日は、永代供養の法要をされていて、たくさんの方が参列されていました。
法要の読経が流れています。めったに聞くことのない真言宗のお経は独特です。
読経がBGMのように歌われる中、空海上人のお堂でお詣りをして、お堂の渡り廊下を周らせていただきました。
その景色は絶景でした。 
ここで見る景色はその昔空海上人も見られたのか。1300年前に役小角様も見たかと思うと感無量です。

しかし、ここに毎日通う係の人はたいへんだなぁ 
ここに ご先祖をまつったご家族も法要のたびにここに上がってくるのは・・・
もう想像しただけでくたびれちゃう。 でもご先祖様はしあわせそうですね。
  
なんか修験道の修行のように霊験あらたかな気持ちになるような気がしました。

 

This entry was posted in Blog. Bookmark the permalink.

室生寺 十二神将が勢ぞろい 

女人高野と言われる室生寺に行ってきました。今回 特別拝観で、十二神将が勢ぞろいでした。

ここ室生寺は680年役小角の草創とも空海の中興という伝承もあります。 密教の聖地と言ったところでとてもありがたいところであります。
平安時代前期の建築や仏像を伝え、境内はシャクナゲの名所としても知られています。女人禁制だった高野山に対し、女性の参詣が許されていたことから「女人高野」の別名があります。

室生山の山麓から中腹にかけてが境内となっている山岳寺院です。室生川に架かる朱塗りの太鼓橋を渡ると、正面が本坊で、右方にしばらく行くと仁王門(近代の再建)がある。
仁王門を過ぎ、最初の急な石段(鎧坂という)を上がると、正面に金堂(平安時代、国宝)、左に弥勒堂(鎌倉時代、重文)がある。さらに石段を上ると如意輪観音を本尊とする本堂(灌頂堂)(鎌倉時代、国宝)があり、その左後方の石段上に五重塔(平安時代初期、国宝)がある。五重塔脇からさらに400段近い石段を上ると、空海を祀る奥の院御影堂(みえどう、室町時代前期、重文)に達します。合計700段
027 032 036
金堂の中には、ありがたい仏像がずらり 案内書には
向かって左から十一面観音立像(国宝)、文殊菩薩立像(重文)、本尊釈迦如来立像(国宝)、薬師如来立像(重文)、地蔵菩薩立像(重文)の5体が横一列に並び、これらの像の手前には十二神将立像(重文)が立つ。
残念ながら写真は取れません。

次は本堂です。
如意輪観音を本尊とする本堂にいって ご朱印を書いてもらって驚きました。
普通お坊さんが書いていただく事が多いのですが、ご担当は、品があるやさしいおばちゃま この方の習字がすごい
思わず「すごいですね。」と真剣に書いているのに 嫌がらず書きながら、文字の説明をしてくれました。
039 002  
なんと本堂の中の大きな「りん」を鳴らしてお祈りくださいと言ってくれて 直径70CMはあるりん大きなりん棒でたたくと
ゴーーーンという何とも ありがたい音がいつまでも響きます。
とても ゆったりとした気持ちになりました。
さて、これから五重塔をみてその奥にある空海を祀る奥の院御影堂(みえどう)に出発です。

ちょいと地域のご説明
大和平野の東方、奥深い山と渓谷の続く室生のあたりの一帯は、太古の火山活動によって形成された幽邃な場所で、その中心が室生山です。室生は室・牟漏とも書いていずれもムロと読ませ、土地の人もムロと言いますが、ムロとはミムロという神の坐ます山のことで、大和で最も知られたミムロの山に美しい円錐形の三輪山があります。室生寺のHPより

This entry was posted in Blog. Bookmark the permalink.

長谷寺 十一面観音像がすごい

長谷寺(はせでら)は、奈良県桜井市初瀬にある真言宗豊山派総本山のお寺です。
長谷寺の創建は、天武朝の朱鳥元年(686年)、
山号を豊山神楽院と称し、開基(創立者)は僧の道明です。本尊は十一面観音 これがとても迫力で思わず息をのみました。
003 009 012 016
こんな山奥にこのような寺院を作った昔の人に感謝と畏怖を感じます。

初瀬山の山麓から中腹にかけて伽藍が広がる。入口の仁王門から本堂までは399段の登廊(のぼりろう、屋根付きの階段)を上る。本堂の西方の丘には「本長谷寺」と称する一画があり、五重塔などが建つ。国宝の本堂のほか、仁王門、下登廊、繋屋、中登廊、蔵王堂、上登廊、三百余社、鐘楼、繋廊が重要文化財に指定されています。

十一面観世音菩薩立像の高さは10メートル18センチ。木造の十一面観音像としては国内最大級です。
頭の上には、正面に阿弥陀如来、菩薩面(慈悲の表情)が2面、忿怒面(ふんぬめん・怒りの表情)が3面、牙上出面(がじょうしゅつめん・称賛の表情)が3面、仏頂面(悟りの表情)が1面、大笑面(だいしょうめん・笑顔)が1面の10面を頂き、いつでも世の中を救うことができるよう、外界のすべての方向を見守っています。
003336548
残念ながら写真撮影禁止なので、十一面観世音菩薩の解説をご覧ください。

とにかく 偉大というか 畏怖というか 神々しいと言うか 言葉でうまく表せません。
長谷寺の本尊十一面観世音菩薩の右手には念珠といっしょに錫杖(しゃくじょう)が添えられています。
ガイドブックには、この観音さまは、病気治癒など現世利益を叶えるという十一面観音の徳に加え、悩み苦しむ人を救済する地蔵さまの徳をも併せ持つしるしとされています。

この菩薩様の前で、しばらく佇んでしまいました。 なんやらゆっくりと煩悩やら雑念が取れていくような感じでした。
真言は、オン マカ キャロニキャ ソワカ
Om maha karunikaya svaha聖観自在菩薩、偉大な衆生(摩訶薩)、大悲なる御方に帰依します。

季節外れの参拝でしたので、ほとんど参拝者がおらずゆっくり見ることができました。
春は、ボタンでいっぱいになるそうでとても美しいそうです

さて、次は、室生寺に出発します

This entry was posted in Blog. Bookmark the permalink.

あけましておめでとうございます

a1180_011698あけましておめでとうございます
みなさまにおかれましては、お健やかに新春をお迎えのことと存じます。
旧年中は一方ならぬ御高配にあずかり誠にありがとうございました。

新年は1月5日(月)から営業いたします。

今後とも皆様へのサービス向上に努めてまいりますので、
よろしくお願い申し上げます 。

This entry was posted in Blog. Bookmark the permalink.

金剛蔵王権現さま 夜間拝観

恒例の吉野山 金峯山寺の夜特別夜間拝観に行ってきました。
おかげさまで、今回で5回目の拝観です。
32587いつもの常宿の方々もやさしく向けえてくれ、まるで実家に帰ったような気分になります。 吉野山は、まさに聖域の雰囲気満載でした。

金剛蔵王大権現様は、それは やさしく迎えてくれました。 この権現様は、高さが7Mもあり最初の頃は、もう畏怖というか畏れ多かったのですが、おそばにいると それは温かく迎えていただけます。
都会の喧騒につかれた方には、お勧めですよ。

およそ200人ほどが参加で お堂はいっぱいです。
ほら貝の体に染みる音と太鼓の音色の中に、読経がはじまります。
館長が真言を唱えると 蔵王権現様がご降臨されていて、我々を包み込むような気持ちになってきます。
色々な煩悩が 消えていくような気持ちにさせられます。

ちょうど ホームページに映像がありましたので ご覧ください。 ここをクリック

金峯山寺をちょっとご紹介 金峯山寺ホームページより
「大和の国 、吉野山から大峯山山上ケ岳にかけての一帯は古くは金峯山(きんぷせん)と称し、古代より世に広く知られた聖域でした。この金峯山に役行者神変大菩薩が白鳳年間(7世紀後半)に修行に入り、修験道独特の本尊・金剛蔵王大権現を感得されます。この姿を山桜に刻んで、山上ケ岳(現:大峯山寺本堂)と山麓の吉野山(現:金峯山寺蔵王堂)に祭祀されます。これが金峯山寺の開創と伝えられています。」

034043 042 32147

今年は、117年ぶりのミラクルムーンの年 お宿から金峯山寺に行く、通りから見た月は、とても美しかった。
いつもそうなのですが、宿に帰ると ほんとうに熟睡できます。
翌日は、6時30分からの朝のお勤めに参加しました。 少々暗い中に、いつもの参道がとても幻想的でした。
吉野山は、標高もあり、寒かったですが、 東の空から上がってくる朝日は とても心が洗われます。
吉野でお泊りの際は、必ず朝のお勤めに参加することをお勧めします。 合掌

This entry was posted in Blog. Bookmark the permalink.

神社めぐり19 脳天神社(龍王院)②

長い階段を下りていくと、脳天神社のお堂があります。

070大峰山への行者の方の、「お滝場」もここにあります。

千日回峰行をされた阿闍梨様もここで、滝に打たれた後に、お山に向かわれたそうです。

首から上の神様なので、ボケ防止や脳溢血などの 病退散などで、多くの方がお百度参りをされています。

受験や商売繁盛にもよいとの方で、参拝される方もいます。

 

074 077 071 069

階段がきついので、意外と人が少なく穴場です。

日により、とても大きな「護摩炊き」をされています。 すごい迫力ですよ。

初代館長 五條大僧正様のお写真があり、それはもう やさしく 何とも言えない抱擁力をもっていられる 本当に良いお顔(ご尊顔)を されています。

蔵王権現様に参拝する際は、是非お立ち寄りください。

This entry was posted in Blog. Bookmark the permalink.

神社めぐり19 脳天神社(龍王院)①

gongen 101今日は、奈良県吉野山 金峯山寺の下にある「脳天神社」をご紹介します

057蔵王権現さまに拝観した際、必ず行く神社です。蔵王堂のすくそばに南朝の跡があり、そのわき道を歩いていくと、とても長い階段があり、その階段を下りていきます。

 

 

060 058 063 gongen 100 062 068

階段は、500段は、軽くあります。途中に、滝があり、それは、霊験あらたかです。

比較的新しい神社で、昭和26年にこの場所に移されています。

金峯山寺の初代館長の五條覚澄大僧正さまが、修行のための「お滝場」を探していた時、頭を割られた大蛇がいました。 僧正さまは、丁寧にお経を唱え、供養したところ。 その後、何度も。この大蛇が、夢枕に立ち「頭の守護神として祀られたし。」と言われたそうです。

そういったいわれがあり、僧正様が開いた神社です。

しかしこの大蛇は、蔵王権現様が、大蛇として権化された姿であったそうです。

②に続く・・・

 

 

This entry was posted in Blog. Bookmark the permalink.

上海 食用肉問題について2.

 

食品業界に限らずリスク管理には、避けられないものがあります。

残念ながら、どのようにルールを徹底して、管理体制を強化しても、文化レベルでのヒューマンエラーは、防ぎようがないのです。

chn14072317180007-p1おそらく、中国政府は、公営TVを使ってあえてスクープし、この悪しき文化を変えようとしているのでしょう。

しかしながら、赴任時代に、たくさんのこの手の問題がTV報道されていました、たぶん日本では放映できないレベルの映像でした。

回虫てんこ盛り白菜使用のキムチ問題、 下水からくみ取った油を使いまわす報道 上海で大流行だったザリガニのエサは、糞尿などを使用していた報道 牛をゴミ償却場で放牧していた報道 などなど 兎に角、利益優先で安いものは、危険がいっぱいです。

ある意味、中国の庶民は、もうあきらめモードでした。

一方、富裕層は、「安いものは危険だから 食べません。」などと うそぶります。

危険なものは、庶民が食べるもの と平気で話をしていました。

日本の食産業の皆様へ提言します。

安売り競争から脱却し、我々は、値段が高くなりますが、日本の国産素材を使う「地産地消」にシフトします。 

「我々は、食の信頼を提供します。」

このような宣言をされる企業が出てほしいものです。

日本マクドナルド様 文化の改革には、後10年は必要です。

もう一度、リサーチをされることをお勧めします。

This entry was posted in Blog. Bookmark the permalink.

上海 食用肉問題について1.

chn14072314280005-p3日本企業の認識が、あまりにも残念で、この問題を取り上げます。

先日の、上海の公営TVが、上海の加工工場で、ずさんな管理をスクープして、国内外で大問題になっていることが報道されましたね。

中国食産業では、赤ちゃんの毒ミルクや毒入り餃子事件など、まだ記憶に新しい事件です。アメリカでは、中国産の素材を使ったジャーキーを食べたペット犬が、1000匹も死んでしまった。との報道もありました。

アメリカのペット産業では、中国産の素材を使用しない。と発表していました。

しかしながら、今回、日本マクドナルドは、なんと「安全な加工工場に、シフトします。」と発表したものの、まだ懲りずに、中国で新たな加工工場を物色するとのことです。

以前、中国に単身赴任していましたが、中国の庶民は、安いものは、危険が伴うものと認識しています。 95年に、香港で、そこそこのホテルで出された生野菜を食べたヨーロッパ人が死亡しました。その時の庶民の反応が驚きでした。

第一、中国では、生野菜を食べる習慣がなく、「生で食べるほうが、よくないのだ。」という意見が、ほとんどで、とても驚いた記憶があります。

うそのような話ですが、現地の人間に聞くと、「中華料理は、油で揚げているので、大丈夫 あなたも中華料理を食べなさい。」などと平気で言い張ります。

実生活で、中国人は、食品について安全・安心などの信用していないのがわかりました。 カルフールなどの大手スーパーでは、野菜を買うときは、みな匂いをかいだり、何度も手で触って確かめてから、野菜などを購入しています。なんと野菜の洗濯機なるものまで、売っているのです。一方、街の市場では、冷蔵されていない安いものがたくさん売られています。

安いものは、危険なものというこの中国庶民の認識(文化)

日本の食産業界は、このような文化を本当にリサーチしているのでしょうか。

2.に続く・・・

 

 

 

 

 

This entry was posted in Blog. Bookmark the permalink.
おやぢへの施しと思って、ぽちお願いします!
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ